5c35ea218a07bd283af1b4e15895faa8_s

こんにちは。
この記事では、私の娘が朝に少しだけ表情が明るくなり、少しずつ学校に行けるようになった方法についてご紹介します。

もしあなたや、あなたのお子さんが

  • 夜ベッドに入っても、全然休めない
  • 最近、昔よりも朝がしんどくなってきている
  • だんだんと夜までしんどくなってきた

というのであれば、私の娘も同じような状態だったので、きっと力になれると思います。

そもそも、どうして朝しんどいの?

88b0c6a233b4d39bbe91e6a70649d1ac_s

そもそも、どうして起立性調節障害が朝になるとしんどくなって起きれないのかといいますと、理由は大きく分けて以下の2つあるそうです。

  1. 脳にうまく血が回らないから
  2. 夜に休めないせいで、体や心に疲れがたまっているから

そして、残念ながら1番目の「脳にうまく血が回らない」に関しては、今のところ良い対策方法は医学的にも見つかっていないそうです。

 

でも、だからといって今より楽になれないのかというと、私はそうではないと思っています。
というのも、私の娘も夜にしっかりと休めるようになってからは少しずつ表情も明るくなって、ついには「今日、ちょっと調子良いから学校行ってみようかな…」と言ってくれるようにまでなったからです。

なので、できればまずは夜にしっかりと休めるようにすること。
この生活をしばらく続けてみてください。

きっと私の娘と同じように、少しずつ以前の生活に近づけるようになると思います。

そうは言っても、なかなか休めない場合…

Night time connection
Night time connection

そうですよね。
私の娘もそうだったのですが、起立性調節障害は夜は元気で朝はしんどいというのが特徴ですから、いざ「休んでください」といわえれても難しいと思います。

だからこそお子さんは暇つぶしにスマホを触ったりして、それが親に誤解を生んでしまうんですよね…。
本人も、きっと休みたいと思っているはずなのに。

 

では、どうして起立性調節障害の人が夜に休めないのかといいますと、夜にウトウトしてしまうセロトニンという成分が作られていないからなんです。
では、どうして普通の人ならセロトニンが作られるのに、私たち起立性調節障害の場合は作られないのでしょう?

理由は大きく分けて、2つあります。
それは、「ストレス」と「昼夜逆転生活」です。

ストレスと昼夜逆転生活が原因で、夜に休めない!だから…

0c8926da942202963c54739b26082fcd_s

起立性調節障害の場合、日常的にストレスを抱えてしまう場面は本当にたくさんありますよね。
朝起こされるだけでもストレスになりますし、周りに理解されないのもストレスになりますし、将来のことを考えてもストレスになると思います。

でも、そうやっていつも心が興奮している状態だと、なかなか脳も休もうとしてくれません。
その結果、セロトニンが生まれないんです。

 

また、起立性調節障害の場合は昼夜逆転生活も避けられません。
でも、実は体は朝に太陽の光を浴びて「朝だ!」と認識して、夜に休めるように体を調節してくれるんです。

しかし朝に光を浴びないでいると、体は「一体いつになったら朝なんだろう…」と思ってしまい、いつまでたっても夜に休む準備をしてくれません。
その結果、夜に休めなくなってしまうんです。

じゃあ、どうすればいいの?⇒大事なのは、この栄養!

d84ac807d681207115f0820228fa2396_s

では、具体的にどうすれば良いのか…ですが。
できるだけストレスを感じない(与えない)ようにして、朝に太陽の光を家の中からでいいから浴びるようにしてください。

これだけで、軽度の起立性調節障害の場合はすこしだけ夜に休みやすくなり、朝も楽になると思います。

 

ただ、もしあなたが起立性調節障害の子供を持つ親御さんなのであれば、私は外部からセロトニンをつくりやすくなる栄養を与えてあげることをおすすめします(どうして親御さんだけにおすすめするかというと、少しお金がかかるからです/もしあなたが起立性調節障害をお持ちの本人なら、ご両親に相談してみてください)。

当然セロトニンの元になる栄養を与えたほうが、夜に休みやすくなり、朝もリラックスしやすくなります。
というのも、今のお子さんはセロトニンを体で作れない状態ですから、ストレスを減らしても朝日を浴びでも、そこまで大きな変化はないんです。

体が落ち着けば自然と夜に休みやすくなるので、栄養を補助する回数を減らしたり、やめてしまっても問題ないと思いますよ。

どうやって、栄養を補助してあげればいい?⇒実は専用のサプリがある

では、具体的にどうやって栄養を補助してあげるかですが…。
実は、朝起きれない私たち専用のサプリメントが販売されているんですよ。

名前はキリツテインと言いまして、セロトニンを作ってくれる「テアニン」という栄養がたくさん入っています。

IMG_20170425_225229_1493128656928

クリックで拡大もできます
クリックで拡大もできます

今もそうだと思いますが、私が始めたときは期間限定の30日間の返金保証&50%OFFキャンペーン中でした。
それがきっかけで、始めてみたんです。

⇒今すぐキリツテインの公式サイトへ行く場合はこちら

 

私の娘の場合は、このサプリを飲ませてから、夜更かしする回数も減っていきました。
娘いわく、「何となくベッドに吸い込まれるような感じがする」だそうです。

ただ初めにも書いたとおり娘の表情も以前より明るくなったように思いますし、以前は急かしても全然学校に行かなかったのに、今では何も言わないでも学校へ行くようになりました(ちなみに、急かすのはよくないことですネ…)。

958d0ced2904b01ed835ddf7a8d529d5_s

以前は私も、娘の将来が不安だけど強くは言えないし、何をしてあげれば良いのかよくわからない状態でした。
私が勉強不足だったのもあって、言い争いもよくしていましたね…。

ただ、今は少しずつ以前の生活に戻りつつあるので、(このままいけばいいのになぁ~)なんて思っているところです。

 

もしあなたもお子さんのために「何かしてあげたい…でも、何をすれば良いのかわからない…」と思われるのであれば、キリツテインを少しの間、飲ましてあげてはいかがでしょう?

きっとお子さんの方から「学校に行きたい」と言ってくれて、また落ち着いた生活を送れるようになると思いますよ。

40c5a85d32acfb6fa6a21d21a51e764e_s

キリツテインの公式サイトを、以下に貼っておきますね。
おそらく今も30日間の返金保証&50%OFFキャンペーン中だと思うので、ぜひ試してみてください。

top_arrow

朝ずっと楽になる「キリツテイン」を見に行く⇒